それぞれいい場所で。

携帯の写真フォルダにはまだこんな可愛い写真が残ってましてね。


それぞれいい場所で。_d0355333_23110713.jpg


みんなでオツトにたかってる・・・(ΦωΦ)


それぞれいい場所で。_d0355333_23110574.jpg


なっちゃんしっかりおひざゲットしてますね。


それぞれいい場所で。_d0355333_23110309.jpg


ちゃともしりぺんしてもらっておりました(ΦωΦ)


この写真は6月9日に撮りました。


一ヶ月ほど前なのかぁ・・・




▼しみじみしちゃいますね。。。

人気ブログランキングに参加中
皆さんの応援クリックが励みになってます。
いつもありがとうございます!

***
☆皆さん、それぞれの気持ち、
いちいちうなづきながら読ませて頂きました。
ありがとうございます。
ねー。そんな簡単には、ね。

☆むぎあんさん、ぜひ、先生にしっかり
お気持ち伝えてください。
私はあれやりたいこれやりたいと
先生に色々と言います(;・ω・)
動物医療と人の医療で決定的に違うのは
金銭的負担の大きさですよね。
そういう所も考えて、
やれること全部やりたいのか、
それともお財布事情と相談しながらやるのか・・・
猫さんの心理的な負担もどの程度まで許容できるのか、
そのあたりのスタンスは明らかにしておいた方が
いいのかなと思います。
これは、どなたにも言えることですが、
お財布事情が破綻しては自分の生活も成り立たなってしまいますから
そのあたりは明確にした方が良いし、
出来ることを出来る範囲ですればいいと思います。


かかりつけの先生方は、こちらからの
積極的な提案はいつも受け止めてくれるし
真剣に話を聞いてくださいます。
新しいお薬が出た時は、どういったお薬なのか
聞きますし、処方箋見てネットで調べたりもします。
笑子たんは、ラプロスとフォルテコール、
胃腸の調子を整える為にプロナミド、
前庭疾患を抑えるためにステロイドは3日に1回2.5g
飲ませています。
血液検査だけでなく、尿検査も、
もしされていないようなら、してもらってくださいね。
もし、たんぱくが降りてるようなら
セミントラも必要でしょうから
そのへんも積極的に提案してみてください。



***


▽里親さん募集中です!性格の優しいとても良い子です。




▽にゃんず日記御用達品はこちら




▽コラボスタンプはこちら
☆ちいさなチカラとのコラボLINEスタンプ発売中☆


Commented by Corvallis at 2020-07-15 08:31 x
今までのコメでは書きませんでしたが、うちは金銭的な理由で救急病院を一晩で退院させました。救急病院の先生には「是非2晩入院させてください」と言われたけれど、それだと20万円もかかるので交渉して、交渉して、自分たちで補液をするから補液の仕方を教えてください、と頼み込んで退院させました。費用は5万円ぐらいでした。

全て英語ですし、気は動転してるし、医療用語はわからないし、とても大変でした。でも家族に通訳してもらったりして乗り切りました。「皮下(注射)」という単語を覚えましたよ!(笑)Subcutaneousといいます。

今は特に写真やビデオを撮っていますが、後から見るとどんな気持ちになるのかなあ、とも思います。
Commented by くるみママ at 2020-07-15 08:38 x
1ヶ月前の様子、写っていないりさちゃんは巣にこもっていただろうし、そう思うとなんだか信じられないですね。
ついこの前のことなのに。
みんな、お空で会えたかな。

二ワン六にゃんをお空に送り、七女と暮らす我が家は、お空組の話題が日常に出てきます。
最期の過ごし方はそれぞれ違ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかったはいっぱいあるけれど、家族になってくれてありがとうの気持ちはみな同じ、ずっと同じ。
そうですよね、ペットだなんて思っていない。
大切な息子と娘たちです。

うちは、獣医さんにも恵まれたと感じています。家族の思いを、よく聞いてくださいましたから。
どちらの気持ちにも寄り添ってくださいました。

そういう意味でも、私たちの立ち直りを手助けして頂いたと感じています。
温かい日には、もう寝返りも打てなかった愛娘をスリングに入れてよくお散歩しました。たびたび赤ちゃんに間違われ、覗き込んだ人が驚いていましたっけ。
七女は、体重がありすぎて、スリングに入れたら私の腰を痛めそうですが(笑)



Commented by 猫長屋の大家 at 2020-07-15 10:02 x
オツトさんとにゃんずさんがたのお写真、素敵です!
なんちゅうか、「好き!」とか「らぶ♪」が、飛びかってますね。
ほんわかてんこ盛りの、めっちゃんこあったかいお写真です。
ちゃとさんも、うれしそう!
わずか一ヶ月前とは‥‥時間の流れに驚いてしまいます。

まだまだ、宝箱から宝物が出てきそうですね。
ぜひぜひ、拝見させてください。
ちゃとさん、りさちゃんのエピソードも聞かせてくださいね。

ほんの少しでも、なおさんの気持ちが楽になりますように。

病院の先生とは、遠慮せずにしっかりとコミュニケーションを。
こちらの考え方、また懐具合を知ってもらった方が、にゃんこさんにとってベストな治療をしていただけると思います。
昨日の先生もその後、その子の生活の質まで考えた治療をしてくださるようになりました(^^)v

Corvallisさん、コジローくんいかがですか?
今日も特大の元気玉をおくります。
ケアがスムーズにいきますように。
Commented by luckin at 2020-07-15 10:28 x
たった一か月前なんですね。覚悟するには短すぎますよね。。。
3年前に リンパ腫で6歳のネコを亡くしてから
元気なうちから何気ない日常を大切にすることくらいしか思いつかないので
今いる高齢のネコには出来る限り実行しています。
どうしたって後悔することも分かっているのですが 何かせずにはいられなくて。
亡くしてから知る自分の未熟さが情けなく、いまだに後悔の日々です。

コジロー君、体調も落ち着いて補液も順調で良かったです!
ハイタッチしたくなるお気持ち、とてもよく分かります。
このまま上向きになりますように。お祈りしております。
Commented by あひる at 2020-07-15 11:35 x
1か月前には こんなに 元気に みんなと集っていたなんて
ちょっと 寂しさが 襲いますねえ

愛娘も 3か月前までは 元気に 二階まで 階段を駆け上がってたのが
急に 寝てる事が多くなり ドライフードを食べなくなり
もともと 暑さに弱い子だったので 気にしなかったのが 飼い主失格!
急速に 体調悪化 嘔吐発作が酷くなり ウエットフードさえ受け付け
なくなり 液体栄養剤と 日々 点滴の毎日 弱っていく 愛娘に
自分を責める ばかり
シニア猫さん の 体調悪化のスピードは 驚くほど早い

私も 先日 古いパソコンのソフトやらデータを整理してたら
かなり古いCDが出てきて 開けたら 愛娘の子猫時代の画像があり
走りまわり あちこち噛み付いてる 可愛い姿が出て しばらくは 座りこんで 何もできませんでしたよ

おっしゃるとおり 獣医さんで その子の命まで 左右されてしまいます
大阪で 発作が酷くなったとき 2件の病院では 原因不明 ほとんど開腹
してみないとわからない と
3件目の若い獣医さんは仕事を終えてから 調べたり 獣医仲間さん達に
ネットで応援依頼 手を上げてくれた 動物救命医師さんが つきとめて
くれました
北海道に引越したときも 付近の3件の動物病院の 1件は「獣医が居ない
から 見れない」(??意味不明)
2件目「こんな 病名は 知らないし うちでは 対応できない!」と
門前払い(ちゃんと 診断書に 原因、発作時の対応、投薬名まで
素人の私でも 解るほど 詳しく
書かれているのに)
藁にすがる 3件目 じっ!と 診断書を見て「いや 凄い よく ここまで
詳しく 書いてくれてますよ
心配いりません いっしょに 頑張りましょう!」
この獣医さんは 愛娘が亡くなる直前 家族旅行を辞めてまで
面倒見てくれてて
「夜中でも 急変したら 遠慮なく 私個人の携帯に連絡してください!」
と 亡くなった翌日 お礼に行ったら
奥さん と 2人で 号泣しちゃって

愛娘は あまり よくない 猫生だったのかも知れませんが
人との出会いには 幸運だったようです
Commented by mewmew at 2020-07-15 15:32 x
そうそう、セミントラ。出始めになおさんのブログで知って、先生に「こんな薬が出ているそうですが、どうですか?」と質問しました。先生が「そうですね、出たばかりの薬ですが、使ってみましょう」と言ってくださいました。それからその先生をより信頼するようになりました。
ラプロスも「なんだか恐竜みたいな名前の薬」と言ったら先生が笑って「ラプロスですね」と。
Commented by さくらにゃん at 2020-07-15 18:31 x
こんなに幸せな時間が
1か月前だなんて
受け入れなくてはならないのでしょうけど

つい涙が出てきます。
Commented by むぎあん at 2020-07-15 22:30 x
なおさん、お疲れ様です。
オットさんのねこあつめ能力はやっぱりすごい!
日常のキラキラが詰まったお写真ですね。
なんでもない日々が特別だって再確認しました。
私も、もっといっぱいキラキラ集めしよ(☆▽☆)

なおさん、アドバイスありがとうございます。
皆さんもお話聞かせて下さってありがとうございます。
そぉですよね。してあげたいとしてあげられるはイコールとは限らないですもんね。
私も高額は無理だけど、お財布と相談しながら、出来る限りのMAXで、気持ちを込めてお世話したいと思います。
次の検査の時には、先生にいろいろ聞いて、私の気持ちも聞いて貰えるように準備しますね。

あひるさんの娘ちゃん、今でも愛してくれる素敵なお母さんがいて、いぃ猫生だったんじゃないかなぁ( ꈍᴗꈍ)
Commented by Megu at 2020-07-16 06:02 x
この写真、覚えています。
ちゃとさんも通院、点滴はしていましたが折り合いを付けてオツトさんに
甘えていましたものね。
写真を拝見する限りでは元気そうに見えます。
1ヵ月で状況がこんなに変わるものなのですね。
一緒に甘えているみんなも突然ちゃとさん、りさちゃんが居なくなって
密でオツトさんのお膝の争奪戦を懐かしがっているのかなって思います。

Corvallisさん、コジローくんの様子は如何ですか?
コジローくんとの息も合ってきたのではないでしょうか。
ケアがスムーズにいきコジローくんが元気に復活しますように!!!
病院でのお話合い、英語なんですね。
英語のテストがいつも赤点、追試だった私には想像ができません。尊敬致します。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2020-07-15 07:05 | にゃんずの日常 | Comments(9)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る