うなぎランの思い出。

もうちょっとだけ・・・



亡くなった友人のひろこさんとの思い出を
仲間内で話していて
こまめちゃんがこんな写真を出してくれました。




うなぎランの思い出。_d0355333_23041336.jpg



これね、大阪で夜8時ぐらいだったかな
ひろこさんの案内でうなぎ食べて
そこから姫路まで100kmほど、夜通し走るって言う
クレイジーな練習会。


ほんと、アホなことやってたなぁ・・・(ΦωΦ)


慎ちゃんが明石でそうめんエイド出してくれたっけ。
明石手前の須磨あたりで明るくなった記憶があります。
明石海峡大橋の下ぐらいかなぁ。



みんな最後はよれよれになって
高砂から姫路まで本当にしんどかった。長かった。
ようやく到着した姫路で
お城の前の温泉に入って帰りました。
楽しかったなぁ。



30台の私はこんな風に
走ってばっかりでした。
寝ても覚めても走ること考えてたなあ。
仲間にも恵まれていました。


ひろこさんはとにかく面白いことばっかり言って
笑わせてくれてばっかりでした。
そのくせ本気モードになったら
すごいガシガシ走っちゃう、そんな人でした。
早朝4時から走って仕事して家事して
バイタリティのかたまりのようなひろこさんでした。




▼みなさん、読んでくださってありがとうございました。

人気ブログランキングに参加中
皆さんの応援クリックが励みになってます。
いつもありがとうございます!

***
☆皆さん、命はひとつしか与えられていません。
大事に、大切に使いましょうね、
精一杯生きていこう、後悔しないようにと
また改めて思いました。
日々感謝していこう。

☆いつまでもぐずぐずしてたら
ひろこさんが「もぉーやめてよおー」
って恥ずかしそうにすると思うので
明日からはいつものペースでいきますね!
皆さん、読んでくださってありがとうございます。

***


▽里親さん募集中です!性格の優しいとても良い子です。




▽にゃんず日記御用達品はこちら




▽コラボスタンプはこちら
☆ちいさなチカラとのコラボLINEスタンプ発売中☆


Commented by あひる at 2020-01-31 15:36 x
私も ここ数年 お世話になった人が 次々に亡くなりました
アホな私を某企業に入れてくれるのに力をくれた部長 電気苦手な私にいろいろ 優しく親切に教えてくれた先輩
お酒が大好きで 酔ったら愚痴は言わず お酒のウンチクばかりで おかげで日本酒がダメだった私が かなりな日本酒マニアに
「30越えたら 酒と友は選ぶこと!」と 明言は今も私の後輩に語り続けられてます

その人を知らない人にも その人の事を語るのは ご供養 らしいです
今も私は 彼の事を 酒の師匠 と 若い衆との飲み会で話してますよ
Commented by くるみママ at 2020-01-31 21:15 x
夜通し走る🏃‍♀️って、私には想像もつきませんが、そうやって楽しんだり、仲間を感じたり、かけがえのないものなのでしようね。
走って行って、夜明けを迎えるなんて、疲れもとぶのかな?

人は二度死ぬとよく言いますが、やっぱり思い出すことが供養になるのでしょうね。
あひるさんのおっしゃるような、その人を知らないひとにも…という話は知りませんでした。

今夜は私も、亡くなった親友のことを偲びたいと思います。
Commented by Megu at 2020-02-01 08:13 x
夜通し走ると言うのも100キロと言う距離も想像できません。
高校のマラソン(全員走っていました。男子10キロ、女子5キロだったかな)が
最長です。それでも辛かったのを覚えています。
走るのが大好きな仲間と一緒に走るのは充実感も違うのでしょうね。

そうだ、高校には夜間遠足なるものがありました。夜通し30キロ弱を歩くもので
目的地は郊外の温泉、最後は温泉は定番なのでしょうか(笑)

なおさんが仰る通り命は一つなんですよね。
普通に考えてとっくに折り返し点を過ぎている私ですが今のニュースを見聞き
するにつけ、いつどこで何があるか分からないなと思います。
毎日を大事に生きないと罰が当たりますね。。。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2020-01-31 06:53 | にゃんずの日常 | Comments(3)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る