ちい太郎から、天国のおとうさんへ。

天国のおとうさん、お元気ですか。チーですよ。


d0355333_16354887.jpg



昨日すごい事があったので報告しときます。




おとうさんが亡くなってから、ぼくは一人になって
確かに、ちょっととつらい思いをしました。
でも、捨てられることはなかったんですよ。

おとうさんは、ぼくが捨てられたりしないように
手を尽くしてくれたからですよ。


d0355333_16354808.jpg




実はおとうさんのことを知ってる方が
ぼくのことをブログで見ましたって言ってきたそうです。


d0355333_16354836.jpg



それで、ぼくが昔、お散歩が好きで
おとうさんとリードでつないでもらって
神社にお参りしたこととか、
おとうさんが病院から
帰ってきた日に、おとうさんのあごに
すりすりしたこととかね、
おとうさんが最期までぼくのことを
案じていたこととかも
今の彼女に知ってもらうことが出来ました。





ぐふふ


彼女がいるんですよ、ぼくね。


d0355333_16354898.jpg




そりゃもうね、ものすごく素敵なんですってば。
可愛いし若いし、毎日おいしいごはんにおやつに・・・
添い寝までしてますよ。
おとうさん、ちょっとうらやましいでしょ?



d0355333_16354907.jpg




d0355333_16354936.jpg



ぼくはまだもうちょいこっちの世界で
彼女とラブラブしますので
もう少し、そっちで待っててくれますか。

ぼくがそっちの世界に行ったら
じっくりお話ししてあげますからね。

d0355333_16354917.jpg



おとうさん、ぼくのこと、大切にしてくれてありがとう。
今は幸せだから、安心してくださいね。



▼幸せだからね。
d0355333_16350924.jpg

人気ブログランキングに参加中
いつも応援ありがとうございます!




ものすごい偶然が重なってレスキューすることが出来た、ちい太郎。
亡くなった飼い主さんと交流のあった方も
偶然にこのブログをご覧になることがあって
つながっていきました。

昨日は一日、このことで頭がいっぱいでした。
ちい太郎はとても愛されていて
飼い主さんは手を尽くしてくださったけれど
亡くなってしまうまでに次の家族を
見つけることは出来なかったそうです。

どうか、皆さん、万が一のこと、
きちんと考えてみませんか。
ちい太郎の飼い主さんはさほど高齢の方ではありません。
いつ、どなたにも起こりうることだと思います。
大切な愛猫に悲しい思いをさせないように
きちんと考えていきたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2014-01-31 06:33 | 2013ちい太郎 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る