13歳の底力。

皆さん、たくさんの応援本当にありがとうございます。
そして、いっぱい心配かけてごめんなさい。



昨日の朝、まみちゃんと同じような症状の子で
元気になったという方からご連絡を頂き、
注射針で皮下にたまっている空気を抜いて
回復したと情報を頂きました。

病院にも電話して、あまり容態が変わらないようであれば
一度、空気を抜いてやってほしいとお願いしたところ、
今朝はずいぶんと様子がいいみたいだとのこと!

仕事が休みの夫が昼前に面会に行ってくれて
その時の様子も、もうずいぶん元気みたいで
むくみもかなり解消してきたとのこと。


日曜日の夜から劇的に様子が悪くなり
月曜日の夕方には、まだ酸素室内でぐったりしている
まみちゃんを見ていたので
こんなに急激によくなるものか、と正直、
驚きました。


そして・・・昨日の夜に
退院することが出来ました!



帰宅してからの様子は、
携帯で撮った写真ですが、こんな感じです。



病院では、ひとくちもご飯を食べなかったはずなのに
帰宅すると、まっさきにご飯スペースに向かいたらふく食べたのに

13歳の底力。_d0355333_15033138.jpg




ご飯が少ないと文句を言って



13歳の底力。_d0355333_15033120.jpg




食卓の焼きサバを狙い


13歳の底力。_d0355333_15033152.jpg




オツトの腕枕でひとやすみ。



もうほんとにダメかもと思って
酸素室の前で大泣きした、ワタシの涙はいったい・・・(´・ω・`)


でもいいのいいの
元気になってくれたら、何もいらないからね。


もっともっと長生きしようね。
13歳、にゃん生はまだまだこれから。


▼元気になってよかったね!
13歳の底力。_d0355333_15033045.jpg

人気ブログランキングに参加中
いつも応援ありがとうございます!



今回の症状は原因がはっきりとは
つかめていません。
再発する可能性もある、とのことで
しばらくはしっかりと見ていく必要がありそうです。

こういうケースでは、自然治癒もわりと
よくあるそうです。
しっかりと治ってくれたらいいなあ。。。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2012-12-05 06:05 | にゃんずの日常 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る