青い空が目にしみる

我が家も職場も、神戸空港発着便が頭上を通る。



ある日、職場でもみじを撮ってたら
こんな、奇跡のような写真が撮れた。


▼クリックで拡大します
青い空が目にしみる_d0355333_12551901.jpg




あの飛行機の窓際からは、
我が家が目視できる。
あの光景を思い出すと、


あ、早く帰らなきゃ、といつも思う。



青い空が目にしみる_d0355333_12551942.jpg




青い空が目にしみる_d0355333_12552002.jpg




待っててくれる、ねこたちが元気でいてくれることって
ほんとに幸せだな。




最近、読んだ本で、







「漁港の肉子ちゃん」


すごくよい本だった。
大切にしたいこと、大切にしなきゃいけないことが
ちゃんと書かれている本だ。

肉子ちゃんは30代後半で、すごく太っていて不細工で
服もださくて、「っ!」て言葉の後ろに必ずつくぐらい声がでかい。
肉子ちゃんは何回も男にだまされ、捨てられ
借金を背負わされても、夜の仕事をして律儀に返済している。
そんな肉子ちゃんには、どういうわけか、
人をひきつける魅力・・・というか魔力があるようだ。

物語は、肉子ちゃんの娘のキクりんの独白に近い形で
進行する。


後半、キクりんの出生をめぐるカタルシスで
号泣してしまった。

こういう良質な本を読んだ時は
いろんなことに、ありがとう、とか
大切だからね、とか言いたくなる。




▼このふかふか度も大切にしたい
青い空が目にしみる_d0355333_12552008.jpg

人気ブログランキングに参加中
いつも応援ありがとうございます!


昨日の記事のコメントで、皆さんの決意のようなものを肌で感じて
実はちょっと感動してしまいましたよ。
猫友さんのおうちは何とか無事でしたし
誰にも怪我はなかったとのことです。
本当に何があるかわからない世の中ですから
色々と準備しておかなくては・・・と私も気持ちを新たにしました。

ゆうさん、どんな言葉をおかけすればいいのか
わからないのですが、どうか、頑張りすぎないで、と
伝えたいと思うのです。
いっぱい頑張ってきた人に頑張れ頑張れって
すごく酷でしんどくなってしまう。
私がどんな言葉をかけてもうそっぽくなってしまうけれど
あの時のことを思い出して眠れなくなったり
夢に出てきたりすると思います。
今はやすらぐ心が必要かもしれないです。
よいもの、心が暖かくなるものを見たり感じたりして
心のかさぶたを取るよりも、ふやかすぐらいにしてくださいね。

たまこさん、ちょうど同じようにTNRのご相談を受けてしまして、
昨日、無事に何匹か手術に持っていけました、と
メールがありました。こちらも、踏ん張りましょうね。
出来ることを最大限に、後悔しないように。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2011-11-16 06:36 | にゃんずの日常 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る