初七日に寄せて

気がつけば、あすかちゃんが天国に召されて、もう七日。
初七日、なんですね。


一応、陰膳もしてるんだけど


初七日に寄せて_d0355333_19251766.jpg





もうね、



初七日に寄せて_d0355333_19251799.jpg





バクバク食べられちゃって



初七日に寄せて_d0355333_19251805.jpg




もう少し、控えめに食べてもいいのにって思ったり ^^



初七日に寄せて_d0355333_19251862.jpg




みんなも私達も普通の生活を送ってる。




たくさん頂いたお花で、リビングはとてもいいにおい。
かわいいピンクのモヘアで編んだお洋服も頂いて、
本好きな私に、早く笑顔になってね、って敬愛する走友からの
プレゼントの本が届いたり、
インテリアートで素敵なフォトフレームがあったから
ちょっと高めだったけど衝動買いしたり。

初七日に寄せて_d0355333_19251862.jpg



初七日に寄せて_d0355333_19251885.jpg




なんだか、あすかちゃんは天国への階段を
振り返りもせずに、がしがし登っていったような気がするんだなあ。


じゃあねって。


初七日に寄せて_d0355333_19251856.jpg




あきほちゃんの里親さんの、ね子さんがブログに書いてくださったけど
あすかちゃんには、何かすごく大きな力、みたいなものが
宿っていたんじゃないかなって思います。

あすかちゃんの猫生の前半は本当に辛いものでした。
でも、猫生の大半は、我が家で過ごし、独特の姿や
何でも一生懸命で、時に猪突猛進でわき目もふらずに突進したり
ちゃとらんに叩かれてもタックルで応戦したり
きっと楽しく過ごせたんじゃないかなあって思っています。




▼ちゃとらんの後頭部、ぽかっとやってね
初七日に寄せて_d0355333_19251984.jpg


***いつも応援クリックありがとうございます
初七日に寄せて_d0355333_19250247.gif






★皆さんへ★
励ましや応援本当にありがとうございます。
今日は、あすかちゃんの生い立ちについて、少し御話ししたいと思います。
保護当時の話は募集時のホームページにまとめてあるのですが
携帯からは読めないので、以下を読んでいただけたらなぁと思います。


あすかちゃんの生い立ち↓長文注意。



***募集時のホームページより***

<アスカちゃんの辛い野良ちゃん時代>~Tさんからの電話と手紙を元に~

アスカちゃんは、3年前くらいに、ある団地付近で野良のお母さん猫から産まれたそうです。
子猫の時に、近所の子どもに川底がコンクリートの深い川に投げ付けられ、頭を強く
打ったそうです。すぐに連れて行った病院でもブルブル震えが止まらず、頭を強く打った為の脳性麻痺…との事。(一番はじめにアスカちゃんにかかわったのはTさんではありませんでした。Tさんもこの事実を人から聞いたようです。)

その結果、今のように足が思うように動かないというハンディを背負う事になってし
まいました。子どもの遊び?とはいえ、人のやった事。

アスカちゃんは、そんな足でも野良猫生活をつづけねばなりませんでした。

足の悪い猫にとって決して安心できる暮らしではなかった事、いうまでもありません。
子どもに追い掛けられる毎日。
思うようにならない体で懸命に逃げるアスカちゃん。
体の自由がきかないので、逃げたい方向ではない方向に急に方向転換してしまったり、
もしくは、ゴロンとでんぐりがえりをしてしまうような状況だったそうです。
思うようにならない体で精一杯生きていたアスカちゃんでした。

そんなアスカちゃんにご飯をあげてくれていたのは、
八十代の女性だったそうです。
近隣の人々からは「餌をやるから殖える」と、非難され続けたとか。

そんな時、どんどんお腹が大きくなるアスカちゃん。
見かねてTさんが不妊手術に連れて行ってくださいました。

それでも続く近所からの非難に八十代の女性は困惑し、
ご飯をやったり、やらなかったりしていたせいでアスカちゃんは急激に痩せてきたそうです。

Tさんは庭に野良猫用の小屋を作っていたそうで、夜だけご飯をあげ、
なんとかアスカちゃんの健康を取り戻す事ができたようでした。

そんなある日、ご飯を食べに来なくなったそうです…。
2日ほど見なかったと言っておられたと思います。
で、姿を表した時には、後ろ足がぶらんぶらんになっていて骨折をしていたそうです。
(子供においかけられたせいだと思うと言っておられました)
急いで病院へ連れて行き足に添え木をつけてなんとか治療ができたようですが、
それでも野良生活を続けなければならなかったアスカちゃんでした。

その後も、風邪をひいたり怪我をしたりと色々あったそうです。

当事Tさんが住んでおられた所は平家の庭付き団地だったようですが、建て替えとなり、
そこはマンションのような建物になり、昨年の12月からTさんはそこの3階に住むようになったとか。

それを前になんとか里親さんを探さなければ!っとがんばっておられたそうですが、
足のハンディのせいでなかなか決まらずのアスカちゃん。
あちこちで募集をかけても全く声がかからなかった所、あるボランティアの方が声をかけてくださり、
アスカちゃんを保護してくれる方がみつかったそうです。

それが、一番はじめの飼主(シェルター)であったFさんでした。

<アスカちゃん掴んだ幸せからもう一度里親探しへ> 

アスカちゃん(旧アシモちゃん)は、今年のはじめ岡山のFさん発信で里親探しをしていた子でした。 Fさんが里親募集掲示板に書込みをしていたのですが、 飼い猫の里親探しという事でたくさんの厳しい書き込みがありました。 それを見てMARUがFさんにメールしたのがきっかけで、 当時のアシモちゃんの里親探しを手伝う事になりました。 そんな中素敵なご縁があり、『ガングロ猫ギャル』のさんかく。さんの助けの元、 幸せを掴んだ(今年2/14)と思い安心していた矢先の出来事でした。

平成16年3月29日に、『ガングロ猫ギャル』のさんかく。さんからメールがあり、 アスカちゃんの里親さんのこももさんから連絡が入り、アスカちゃんを飼えなくなったとか。 当日にすぐにこももさんに連絡を入れました。

話を聞くと、こももさんのお父さまが病気で入院されたとか。
こももさんの実家が都内で近いのですが、どうしても週末お父さまの看病で 2日ほど家を空ける事もしばしば。仕事で帰宅が遅く、それは前からわかっていた事なのですが、 今回のお父さまの入院の為、週末さえもアスカちゃんと一緒にいれない状況。 いざという時は実家でという、 里親さんになってもらう前に聞いたアンケートで答えてくれていましたが、 ご実家の方が今は大変な状況の為、それも難しいのです。

アスカちゃんは、とても辛抱強く鳴きもせず、 ひたすらこももさんの帰りを待っています。
顔を見れるだけでも、嬉しくてしょうがないんでしょう。 この子は迷惑かけてはいけないと思っているのか、お腹が空いててもじっとお皿の前で座ってまっているそうです。

アスカちゃん…。

やっと、安住の地をみつけたと思っていたのですがまちがいでした。アスカちゃんは、いつも我慢しています。 さみしくても、お腹がすいても、どんな時も……。どんな時も……。
どうかアスカちゃんに本当の幸せを掴んでほしい。
安心できて、そしてわがまま言えるようなそんな環境を与えてあげたい。
以前の飼主さんFさんも、こももさんも、私もそれを願っています。



***ここまで***



この募集はMARUさんが発信したものでした。
前の里親さんは、上のような事情により、あすかちゃんを手放すことを
とても急いでおられて、関東で応募してきた、ある男性に譲ろうとしていましたが、
MARUさんが、さまざまな観点から、どうかその方に譲るのはやめてほしいとお願いしました。
そして、関東から関西に引き取り、こちらで里親さん探しをすることになったのですが
その間の1週間、お世話が出来ない、ということで、横浜の猫友Оさんに
1週間だけ預かってもらって、関西に無事に引き取ることが出来たのでした。



その後は、我が家で、まずとらちゃんが友達になってくれましたし、
押入れや狭いところに隠れようとするあすかちゃんを
オツトが引っ張り出して、ずっとずっと抱っこして心を溶かしてくれました。
家族以外の人間は、なかなか見ることが出来ないようなあすかちゃんだったけど
お客さんおやつ作戦でここ1年ぐらいは、お客さんの接待も出来るようになったのでした。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2010-01-08 06:58 | にゃんずの日常 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る