保健所なんかにやらせない!

昨日、近所のMさんが我が家にやってきました。


何でも、
「隣人Aさんちの猫たちが保健所にやられそう!」
とのこと・・・



隣人Aさん、というのは、もうかなりの高齢で
以前、夏に保護した3匹の子猫たちの親猫の飼い主です。


親猫ともう1匹メス猫を飼っているのですが、
今まで避妊手術をしないでいたため、
子猫が産まれるたびに保健所に持ち込んだり、
捨てたりしてきたそうですが、
あの夏、子猫を私が保護し、親猫はMさんが
自費で避妊手術をしたのでした。


今回、そのAさんが入院して
息子さんが、Aさんの住居と土地を処分することになりました。

そして、その息子さんは、Aさんの飼い猫たちは
保健所に持ち込むと言ってるそうです。



主を失った猫たちは、寒い住居の中で暮らしています。
MさんがAさんから鍵を預かっているので
猫たちのご飯とトイレの世話は一応は出来ている状態です。





▼この子はママ猫。結構なお年だそうです。怖がりさん。
保健所なんかにやらせない!_d0355333_18580653.jpg



▼こちらは、その子どもで3歳ぐらい。
保健所なんかにやらせない!_d0355333_18580687.jpg



2匹とも、とても不安そうなお顔をしています。


保健所なんかにやらせない!_d0355333_18580710.jpg



保健所なんかにやらせない!_d0355333_18580732.jpg



このまま、この場所においておくと、
近い将来、保健所に持ち込まれてしまうでしょう。
Mさんと話あって、子供の3歳の子の方は私が預かり里親さんを探す、
ママの方は、Mさんが引き取り、世話をしていくことになりました。


今日の夕方に捕獲して、病院につれていく予定です。



出入り自由で、しかも室内といえども、土間のような
決して清潔とはいえない環境で生活してきた子ですから
まずは血液検査、のみ・寄生虫駆除・ワクチン接種を
しなければなりません。

この子たちの子猫たちを保護したときは
コクシジウムが出て、大変な思いをしました。
おそらく、この子も持っている可能性が高いです。

あすかちゃんが大変な時期に、危険な保護かもしれませんが
目の前の命を見過ごすわけには行きません。
安全が確認できるまでは、きちんと隔離をしてお世話を
していくつもりです。


▼皆さん、応援お願いしますね!
保健所なんかにやらせない!_d0355333_18580461.jpg



▼こちらも更新中▼
【にゃんず日記アメブロ出張所】
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2009-02-09 06:43 | ★にゃんずの日常★ | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30