それぞれの見送りかた

いつもとかわらないララちゃん


それぞれの見送りかた_d0355333_17041311.jpg



少し離れた場所から感じてくれる笑子。

それぞれの見送りかた_d0355333_17041368.jpg



とらの異変を一番に教えてくれたりさ。


それぞれの見送りかた_d0355333_17041399.jpg




少しにおって、何か言葉をかわしてくれたまみちゃん。


それぞれの見送りかた_d0355333_17041413.jpg




供血してくれてありがとうってやさしくなめてくれたあすかちゃん。


それぞれの見送りかた_d0355333_17041483.jpg



何度もなめて、お別れをしてくれた、とらちゃんの親友のちゃとらん。

それぞれの見送りかた_d0355333_17041477.jpg




みんな、それぞれにお別れをしてくれたようでした。

とらちゃんを探して鳴く子はいません。
一日、とらちゃんの体が、ここにあったせいか
みんなちゃんと、とらちゃんがいない理由を理解してくれたのかな・・・



もっともっと、愛すればよかった。


それぞれの見送りかた_d0355333_17041432.jpg




思い出すのは、調理台の上にのって、いつもみんなより先にご飯を
味見しようとすること。
ご飯をするのが遅かったら、あーんといって文句をいうところ。
洗濯物を干そうとすると、必ずついてきて、ベランダに出て
ころんころんして背中にたくさんゴミをつけるところ。
パソコンのキイボードをふんづけて、お気に入りの場所にあがるところ。
ちゃとらんにおちょくられて、すぐに降参するところ。
小さな水のみで上手にお水を飲むところ。
おやつが大好きで、お客さんは怖いくせに、おやつの時間だけ
出てくるところ。
おふとんに入って、まんまるおめめでみつめているところ。


保護したころは小さくて、家庭菜園で出来たきゅうりよりも小さくて
でも、お耳は大きくて足はぶっとかったこと。
預かってすぐのころにあすかちゃんやちゃとらんと
すぐに仲良くなってくれたこと。
子猫におちょくられても、爪はださなかったこと。
抱っこ抱っこ、とせがんできたところ。
箱が大好きですぐに入ってしまうところ。
食器棚の下のふきんをいつも勝手に出してしまうところ。




たくさんの幸せを私はとらちゃんからもらいました。



だから、まだまだずっと泣いてしまうけれど
やっぱりとらちゃんのことが大好きだから、
ありがとうって言うよ。





▼いつも応援本当にありがとう。
それぞれの見送りかた_d0355333_17041437.jpg



▼こちらも更新しました。
【にゃんず日記アメブロ出張所】


少しずつ、いつものペースを取り戻すように
がんばっていきますね。




皆さんのコメント、ひとつひとつ、とても大切に読ませて頂いています。
拍手のコメントも鍵のコメントも、どれもみんな心のこもったエールで
すべてが私を癒してくれています。

今回、こんな形でとらちゃんを失ってしまったのに
誰もが優しくしてくれて、とらちゃんの猫格を感じずにはいられません。

皆さんの心の中にいるとらちゃんはきっと幸せなんだと思います。
そして、私もこんな素敵な子と出会えて、そして、一緒に悲しんでくれる
パソコンの向こうにいる皆さんと出会えて、本当に幸せです。


ありがとう、本当にありがとう。





拍手する
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2008-12-15 19:30 | にゃんずの日常 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る