ら~さらにチャレンジ

嵐が去った我が家の小さな菜園で
生き残った元気なフルーツトマトを使って
こんな料理を作ってみました。



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554126.jpg




その名は「ら~さら」

北海道の居酒屋メニューだという、この料理。
先日夜のバラエティ番組で知って、作ってみました。

ゆでた中華めんを氷で締めて
自家製の甘~いフルーツトマトに、
ゆでたまごをミモザ風に散らして
きゅうりやサラダ菜をトッピング、
開けるにはチト緊張する「ツナ缶」も乗せました。
味付けはサウザンアイランドドレッシングにすこしマヨネ。


ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554194.jpg




ツナ缶の開ける音に、にわかに騒ぎ出すにゃんずは
想定内。にゃんず用におさしみも買ってきていたので
そちらでみんなの気をそらしました。


ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554187.jpg



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554235.jpg



お味の方はかなりおいしい!
冷やし中華に似てるけど、冷やし中華ではない。
生野菜のしゃきしゃき感とめんの食感がなんだか
妙に合います。



我が家の新しい定番になりそうな一品でした。



ツナ缶がわりのお刺身に群がるにゃんずは・・・



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554209.jpg



キラキラの瞳で見つめられてしまう~
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16351114.gif



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554331.jpg



どうぞ、お食べください
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16351114.gif


ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554382.jpg



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554302.jpg



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554458.jpg



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554463.jpg



もうないよ
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16411115.gif




ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554592.jpg



笑子ちゃんは食べたか?


ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554537.jpg



よかったね
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16411115.gif



それにしても、この猫密度の高さ
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16351114.gif



ら~さらにチャレンジ_d0355333_16554638.jpg



めちゃめちゃ密集してます
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16351114.gif



▼らーさら、ヒットメニューになりそうです
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16350797.gif

皆さんもぜひ、お試しあれ
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16414576.gif
↓クリックもどうぞよろしく
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16350797.gif

ら~さらにチャレンジ_d0355333_16545826.jpg
ら~さらにチャレンジ_d0355333_16545801.jpg
  
▲人気ブログランキング    ▲にほんブログ村




さて・・・今日は少し語ります。
お時間ある方は続きをどうぞ↓



昨日は猫関係の特番があって、ふむふむと興味深くみていました。

猫ブログ界の人気者も、出ていましたよ。

気がつけはデブ猫」のにゃん吉くんも出てましたね~。
きれいな色ですよね、ゆうはこんな色になるのかな?
普通の茶とらというより、ミルクティ色。
にゃん吉くんは体重7キロということですが、
見てるともう少しありそうな感じでした ^^;
あのぷにぷにのおなか、触りたいですね~ぐふふ

他にもかわいい猫がたくさん出ていましたけど
特筆すべきは、番組の後半で、ある猫グッズを扱う博物館で
猫の里親探しをやっていて、そのあたりを詳しくレポートしてくれていたことでした。


今は空前のネコブームだそうです。
書店に行けば、かわいい猫の写真集やDVDが発売されてますし、
テレビCMにも猫がよく出ています。

でも、、

ブームの後には、、、必ず悲しいことが待っている・・・



ハスキーブームはその尤もたる例ですよね。

ネコブームがそうならないように、、
猫の習性をよく理解して、完全室内飼い、心臓疾患や麻酔に対する
アレルギー等などがない限り、避妊去勢手術を行う、など
基本的なことをきちんと守って、大切な家族の一員として、「終世飼育」をみんなが
していってほしいと思います。
猫と一緒に暮らしてゆくことは、たくさん癒しももらえるけれども
決してよいことばかりではありません。

人と同じく、猫も年をとりますし、いったん病気になれば
莫大な医療費がかさんできます。

そういったことも踏まえて、猫と暮らす、ということを
考えてほしいと思っています。

そして、命あるものを捨てないでほしい。
捨て猫の末路は本当につらく悲しいものです。
保護されるという幸運に恵まれる猫はごく一部であることを
知ってほしいです。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2008-07-29 22:23 | にゃんずの日常 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る
更新通知を受け取る