現実と自分に出来ること。

日参している【地域猫KASHIWA】さまからのお願いです。


ネット上に、お外の猫たちの詳しい生息状況(例えば場所の特定が
できるような情報)などを流さないでほしいとのこと。



これって、私はもう当たり前のことだと思っていました。

場所の特定が出来るような書き込みや、
保護、捕獲のやり方もネット上で掲載するのは好ましくないと
思っていましたが、実際に活動されている方が
それをしているとか・・・


ネットの怖さは今に叫ぶことではありません。
誰が見ているかわからない。
それこそ、動物たちを虐待しようとしている悪意ある人間に
その情報を提供することになりかねない。


そして、小さな動物を傷つけることを楽しむ嗜好のある人間は
必ず、それを同じ人間に向けます。
これも、数々の事例が報告されているし、重大事件も多く
起こっています。


自分の身は自分で守らないといけない時代になっています。
でも、小さな子供や、人を頼ってくる動物たちには
その術がありません。


本当は、人が人を信じられなくなるような
そんな世の中は間違っていると思います。
でも、でも、やっぱり、何があってからは遅い。

自衛が必要です。そして、引き起こさないようにすることも
大切ではないでしょうか?




我が家にも、そんな悪意ある人間に傷つけられた子がいます。



現実と自分に出来ること。_d0355333_14572548.jpg




すごいあくびやねえ・・・


現実と自分に出来ること。_d0355333_14572573.jpg





ご飯がおくちの横についてますよ。



イマイチ、緊張感に欠ける写真ですみません。


あすかちゃんは、ご存知の方も多いかと思いますが、
子猫の時に、人間の子供にコンクリートに叩きつけられました。
幸い、すぐに助けられて命は取りとめましたが、
運動神経をつかさどる小脳に損傷を負い、
下半身の麻痺と、眼球と頭の震えがあります。
何より、家族以外の人間を異常に怖がるのです。


ララちゃんは左目の光を失っています。
瞳の上に乗っている「水晶体」が、眼球の裏側に落ち込んでしまい、
網膜に像を結べなくなっています。
網膜も剥離してしまっています。
何か、あまり固くないもので強く叩かれたのだろうといわれています。
保護された当時は、瞳孔の収縮が全く出来なくなっていました。
現在は多少なりとも動くようになり、見た目が少しより目に
見えたり、遠近感が悪いので、時折、キャットタワーで足を
踏み外したりする程度です。


この子たちは、幸い、命まで取られることはなかったけれど、
レイちゃんが紹介してくださってるブログさん

【櫻未咲~ちゃあとシロチの猫猫日記+山南敬助】

では、悲しい報告がされています。


ぜひ、一度、ご訪問なさってみてくださいね。
そして、ネット上では、決して、お外の子たちの
詳しい情報を流さないようにしたいと思います。



現実と自分に出来ること。_d0355333_14572674.jpg





今日はまじめな話、書いてるねんで。



現実と自分に出来ること。_d0355333_14572656.jpg






現実と自分に出来ること。_d0355333_14572789.jpg





あすかちゃんもララちゃんも、ずっと元気でいてや。。。
こぶたでもええさかいに・・・



[emoji:e-34]一日一回有効です[emoji:e-343]
応援よろしくお願いします。

現実と自分に出来ること。_d0355333_14555908.gif

名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2007-02-21 19:52 | ★にゃんずの日常★ | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31