笑子の脱走顚末記

実は、16日の夕方4時頃に笑子が脱走しました。

夫が帰宅した際に玄関ドアから走っていってしまったそうです。
夫から携帯メールが来た時、私は仕事が忙しく、すぐに確認できなくて、
気がついたのは、6時。慌てて帰宅しました。

夫の話によると、脱走した笑子は自宅まわりを半周したのち、
自宅前の道路まで出て、畑を挟んだ隣家(新家屋と廃屋と2軒ならんでる)
の外側に走っていって、それっきり見付からず。

キャリーや猫缶を準備して、隣家の廃屋の方を探索するもわからず、
少し探索範囲を広げたところ、隣家の廃屋の横にある、植え込みの中に
いるのが発見されました。

MARUさんが応援に駆けつけてくれたので、私とオツト、MARUさんで
植え込みを囲んでオツトが1歩踏み出したところ、逃げられてしまいました




鈴を首輪につけておらず、また満月の夜とはいえ、明かりのない田舎なので
どっちの方向に走っていったかもわかりませんでした。

その後、ayaさんが捕獲機3台を持って応援に来てくれて、
深夜まで捜索を一緒にしてくださいました。
その折には、何も食べてないだろうから、とおにぎりやおかずまで
持ってきてくださったんです。
>捜索に出てる間に、おにぎりはちゃとらん&ララにかじられてました




結局、夜には見付からず、早朝にまた捜索を始めたものの、
全く気配すら感じることは出来ませんでした。

仕事を休ませてもらい、1日捜索・・・

だんだん、気持ちも後ろ向きになってしまい、もうダメかも・・・
と諦めの境地に陥ってしまいました。
動物愛護センターや警察、清掃局にも電話を入れました。


MARUさんがちらしを作って持ってきてくださり、
それを近所に配り歩きました。

d0355333_17012226.jpg


このちらしを見て泣いてしまった・・・
左上の写真の拡大↓

d0355333_17012239.jpg


そうだよね、帰りたいよね・・・


にゃん友のMiyoさんからは、まだまだ諦めちゃダメ!
と叱られ、また発奮。
とらママからは、トイレ砂を外にまくといいとアドバイスを受けて
あちこちにトイレ砂、トイレシート、トイレ容器を配置しました。



オツトも新しいものすごく明るい懐中電灯を買ってきてくれて、
探索をしてくれたけれど、見付からず・・・


そうして、今日、本当なら、咲セリさんの 大丸展示会に一緒に行く予定をしていた、
黒豆ママさんが応援に駆けつけてくれ、ayaさん、MARUさんも来てくれて
4人での探索が始まりました。

やぶの中にも踏み込み、あちこち探索するものの、手がかりはなく・・・

でも、たんぼの仕事をしているおばあさんにayaさんが声をかけてくれて、
そのおばあさんがおじいさんに「猫がいなくなったらしい」というと
おじいさんが「さっき、土管の中に猫が入っていった」と言ったそうで、
その情報を知らせに、黒豆ママさんにおばあさんが言いにきてくれて、
半信半疑で土管の中を覗き込んでみると・・・

いました!

確かに笑子のお尻が見えたんです!


最初は信じられなかったけれど、方向転換をした時に
首輪が見えたし、反対側からみたら、確かに笑子の顔でした。

しかしながら、土管はすごく狭いし、とても人が入っていけるような場所ではなく・・・
なので、ayaさんが竹棒で笑子をつっついて、反対側から出られるように
してくれたのに、笑子は全く動じず・・・ ^^;

笑子と仲良しのララちゃんをキャリーに入れて、呼び鳴きしてもらう作戦も
不発(ララちゃんはすごく頑張ってよく呼んでくれました)
そして、思いついたのが掃除機の音をさせて外に追い出す方法。
掃除機を自宅に取りに帰ると、ちょうど、隣家のおじさんがブロワーで
耕耘機を掃除していたので、ブロワーを持ってきてもらって
またそれで追いたてたのですが、もう少し、というところで動かなくなってしまいました。

そして近くの家のホースを借りて、水をかけて追い出すことにして
土管の前で待機していた、踏み込み式の捕獲機で保護することが出来ました。




保護できた瞬間、バスタオルでくるんで・・・泣いてしまいました。
本当に嬉しくて・・・



帰宅してから、泥だらけの笑子を軽くシャンプーして、フロントラインをつけました。
そして、まだ少し興奮していたのか、リビングの食器棚の上に上がってしまったけど
缶詰を出すと、おいしそうに食べ出しました。

d0355333_17012218.jpg



ほんまに、帰ってきてくれてよかった・・・


d0355333_17012319.jpg


そりゃ、そうやん
d0355333_16411115.gif

笑子が帰ってきたら食べさせてあげよと思ってとっておいた、
高い缶詰なんやで。


そんな高い缶詰を2個一気食いした後・・・



d0355333_17012307.jpg


そりゃそうやん
d0355333_16350797.gif

笑子の家はここなんやから、もう絶対に出ていかんといてや。


d0355333_17012306.jpg



首輪についていた名札はどこかにいってしまったので、
みおちゃんがつけていた名札と鈴をつけてもらいました。
首輪もすごく汚れていたので、新調しました。

笑子ちゃん、どう
d0355333_16351291.gif



d0355333_17012353.jpg



鈴はもう絶対につけておこうな・・・
うっとうしいかもしれんけど、やっぱり今回みたいなことがあると
鈴の大切さがよくわかる。


胡瓜さんが教えてくれたおまじない・・・


d0355333_17012339.jpg


これも今朝からやったので、効いたかもしれないですね。


玄関ドアには、とりあえず、簡易ではありますがこんな対策をしてみました。


d0355333_17012370.jpg


100均のワイヤーネットを結束バンドでとめただけですが、
ドアを開けた瞬間に足元からすり抜けることは一応は防げるかと思います。
本格的な対策はよく考えながらやってみたいと思います。




とにかく、この3日間、生きたここちがしませんでした。
もし、どこかで動けなくなっていたら・・・
車にはねられていたら・・・
暗い寒いところで震えているかもしれない、
お腹が空いてのどがかわいて泣いてるかもしれない、
そう思うと、自分も食事がほとんどのどを通りませんでした。
夜も明かりはつけっぱなしでした。



もう二度とこんな思いはしたくない。
野良猫で苦労した笑子、ようやっと家猫になれたのに
ずっと幸せにしたいと、そう願って家に入れた子なのに

緊張の糸が時々切れて、みおちゃんの前で泣いてしまいました。
そして、お線香を焚きながら、みおちゃん、笑子に家に戻ってくるように
言ってね、とお願いしていました。




本当によかったです。
特に怪我もなく、今はぐっすりと寝ています。
うちの近所には、蛙が多く、もしかすると、餓えをしのぐために
蛙を食べたかもしれないから、マンソン裂頭条虫駆除の薬を
病院で飲ませてもらおうと思います。



▼ランキングに参加しています!
d0355333_17012320.jpg
d0355333_16565273.gif
三日間、外で頑張ってくれた笑子に1票お願いします!




今回、友人たちの協力がなければ、絶対に笑子を見つけることは
出来なかったと思います。
連日深夜まで一緒に探してくれた、MARUさん、ayaさん、
今日、わざわざ電車に乗って駆けつけてくれた黒豆ママさん、
電話でアドバイス、叱咤激励してくれた、Miyoさん、胡瓜さん、とらママさん、
皆さん、本当にありがとうございました。


見つけてくれたおじいさんのお宅に、お礼にケーキを買ってもっていきました。
詳しく話しを聞くと、どうやら、昨日から藁の束の下に潜んでいたそうで、
藁をのけたら、土管の中に逃げ込んだそうです。
発見場所から我が家は500mあるかないか。
ポスティングはしたものの、そのあたりまでは探しに行ってませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
by chobi020500 | 2008-10-18 22:43 | 脱走防止対策 | Comments(0)

シニア猫たちの日常、時々保護猫


by なおちゃん@もも組
プロフィールを見る